Daily Archives: 2016-10-26

印鑑登録方法

印鑑登録をするには、まず印鑑を用意する必要があります。

印影(印鑑を押したときの跡)の一編の長さが8ミリの正方形より大きく、25ミリの正方形より小さいものである事、そして、氏名を表しているものでなくてはならない事となっています。
基本的には姓名を彫った印鑑ですが、取り扱う自治体によって多少の違いがあります。
ゴムなどの変形しやすい材質のものや印影の判読が難しいものは登録することができず、また、実印というものは個人を特定する物である事から、三文判と呼ばれるような既成の印鑑でなくその個人のために彫られた印鑑である必要があります。

印鑑が用意できましたら、免許書やパスポートなどの身分を証明できるものと登録費用を持って住民登録している市区町村の役場に行き、申請書に必要事項を記載し窓口に提出します。
申請が済めば、「印鑑登録証」というカードが交付され、印鑑証明書が必要な時に実印を用意したり、本人が来られず代理人であったとしても、委任状など無しに印鑑証明書を発行してもらう事ができます。

ただし、その場合は登録者の住所や氏名、生年月日が必要となりますから、印鑑登録証のカードは住所や氏名、生年月日がわかるものなどとは一緒に保管しないようにする事が防犯上は大切です。

外部リンク……印鑑・実印、の通販 – 印鑑ダイレクト【公式サイト】
印鑑登録に使える実印を販売している通販サイトです。